MENU

亜麻仁油効能と1日の適正摂取量

亜麻仁油は最近テレビで取り上げられ、芸能人も利用しているということで人気が高まっています。亜麻仁油は「あまにゆ」と読み、亜麻の植物の種子から採れる油のことを指しています。この油の特筆すべき点は、体内で作り出すことの出来ない脂肪酸であるオメガ3が豊富に含まれていることで、健康のために必要であることから必須脂肪酸として数えられます。オメガ3は名前くらいは聞いたことのある人も多いかもしれませんが、青魚から摂取することができる栄養素で、積極的に吸収することで認知症の予防や脳細胞を活性化させて記憶力を向上させると言われています。実際にその効果は研究済みで、認知機能を正常に保つ働きがあるとして認められており、青魚を多く食す人は認知症にかかるリスクが少ないとされます。また、オメガ3脂肪酸のひとつであるαリノレン酸はアレルギー症状に対して有効的な働きを見せ、アレルギーの原因となるリノール酸を攻撃するため、過敏症状を緩和してくれます。同時に善玉コレステロールを増やし、血液をサラサラにして血流を良くすることで血圧が下がり、コレステロール値を正常に保つことができます。血液の流れが悪いと血管が詰まりやすくなり、動脈硬化や血栓症によって脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まりますが、血液の流れが良いと様々な症状が改善されます。高齢になるほど生活習慣病のリスクが高まりますが、これらは血液の循環が悪くなることで起こり得るため、血行改善の効果が期待できる亜麻仁油は健康に良い働きをしてくれます。当然ながら新陳代謝も良くなるので、老廃物を排出して肌質を改善することから、美肌効果にも期待できるようになります。その他にも便秘の改善や学習能力の向上といったものも期待できるので、料理に使って積極的に摂取すると良いと言われています。

 

適正な1日の摂取量

 

最近、植物性の油が健康食品として大注目されています。オリーブオイルに始まり、ごま油にココナッツオイルと種類も効果もさまざまです。そして、そんな「身体に良い油」の中でも最近特に注目され始めているのが、亜麻仁油です。
この亜麻仁油は、その名前の通り亜麻という植物から採れる食用油です。仁とは種のことで、亜麻の種から作られているので亜麻仁油という名前が付けられています。もともとは塗料やインクの原料として使われてきたものではありますが、含まれる成分に美容や健康に良い効果をもたらすものが多くあり、最近は食用として注目を浴びています。
その成分にはオメガ3と呼ばれるα-リノレン酸が代表的で、その含有量は50%を超えています。このオメガ3は抗炎症作用及び肌の代謝を促進する作用があるので、まず美肌に大きな効果があります。ニキビなどを防いでくれたりもします。また、血中の中性脂肪やコレステロール量の調整に関してサポートもしてくれるので、ダイエット効果も期待できるのです。
他にも食物繊維や高い抗酸化作用を持つリグナンという栄養素も含まれている亜麻仁油、これだけ健康に良さそうとなると積極的に摂取していきたいところですが、実は注意点もあります。それは、個人差はありますが摂りすぎるとお腹を下し気味になるということです。これは、油を分解するための腸液が過剰に分泌されるためと言われています。
なので、最初はできる限り少量から、大人なら小さじ1杯、小さい子供ならその更に半分くらいから始めた方が良いと言えるでしょう。これだけの量でも効果は十分に実感できるはずです。慣れてきたら、小さじ2〜3杯くらいまでは増やしてもいいかもしれません。ただ、それもなるべくお腹の調子を見て少しずつ増やす、と言った形で進めていくと良いでしょう。