MENU

亜麻仁油とは?どんな味でそのまま飲むの?

最近では亜麻仁油は美容と健康によいと広く認知され、人気が高いオイルです。
亜麻仁油は、亜麻の種子から作られた黄色っぽいオイルです。
油ですが、強い抗酸化力から、美容、健康に効果的と言われています。
青魚と同じDHAの成分があり、脳の健康に良い働きをします。
亜麻仁油は不飽和脂肪酸であり「オメガ3」に分類される油です。
含まれる成分は脂質、α−リノレン酸、リノール酸、オレイン酸、リグナン、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維です。
亜麻仁油にはさまざまな効能があります。
α−リノレン酸は炎症を抑える効果があるので、アトピーや花粉症などのアレルギー症状の改善に役立ちます。
血栓を予防することから動脈硬化の予防にも効果があります。
血中の中性脂肪やコレステロール量を調整する働きがあるので、生活習慣病の予防にもなります。
また、α-リノレン酸は脳の神経細胞を活発にする働きがあるので、やる気を出して多幸感を高めるなど、うつ病の改善にも役立ちます。
水溶性食物繊維、不溶性食物繊維をバランスよく含んでいるので、便秘解消やダイエット効果も期待できます。
リグナンには強い抗酸化作用があるので、アンチエイジングにも効果的です。
このように、さまざまな面で効果を発揮する亜麻仁油ですが、毎日どれくらいの分量を摂ればよいのでしょうか。
摂取量は、スプーン大さじ1杯が目安です。
亜麻仁油は熱に弱いので熱いものと組み合わせて摂るのは避けましょう。

サラダにかけたり、ドレッシングに混ぜる、冷たい飲み物に混ぜるなど生のまま摂るようにしましょう。
最近ではスーパーでも気軽に入手できるようになっており、亜麻仁油入りのマヨネーズなども販売されていますので、一度試してみると良いかもしれません。

 

亜麻仁油の味

亜麻仁油とは亜麻という種子から作られたオイルです。
油でありながら、美容と健康に効果的で積極的に摂取することで様々な効果が得られるといわれています。
亜麻仁油は不飽和脂肪酸の「オメガ3」に分類されるオイルです。
オメガ3は体内で生成できないため、食事から摂る必要があります。
オメガ6はサラダ油やマヨネーズがそれに相当するので、意識しなくても摂っていて、摂りすぎに注意が必要です。
オメガ3は不足しがちなので、意識して摂る必要があるのです。
オメガ3である亜麻仁油には美容、健康面でさまざまな効果があります。
炎症を抑える効果があり、花粉症の改善に役立ちます。
コレステロールを抑えたり、血栓を予防したりする効果もあります。
抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも役立ちます。
脳の神経細胞を活性化するので、やる気が出て多幸感を感じやすくなるなど、精神面や脳の健康にも効果を発揮します。
このような効果があることから、日常生活に取り入れている人も多いでしょう。
適量は毎日大さじ1杯です。亜麻仁油は熱に弱い為、炒め物や揚げ物に使うには向いていません。
サラダにかける、そのまま飲むなど生のままで摂る必要があります。
そこで気になるのが味です。
生でそのまま飲んでみると少し生臭さが気になります。

健康のために毎日続けたいけど、味が気になって続けられないひともいるでしょう。
おいしく取るには味の濃いものに混ぜるとそれほど気にならないで摂ることができます。
卵かけごはんに混ぜたり、肉料理にかけたりすれば無理なく摂れると思います。
ドレッシングを作るときに、亜麻仁油で作るのも良いでしょう。
市販のドレッシングに混ぜても良いです。
毎日続けることが大切なので、無理のない方法で摂るようにしましょう。