MENU

えごま油と亜麻仁油の比較

植物性のオイルにもさまざまなものがあり、最近では健康によいとして注目されている亜麻仁油やえごま油といったものも、ともに食用の植物性オイルということができます。スーパーマーケットなどの店頭でよく見かける植物性オイルとしては、アブラナの種から採取したナタネ油、ベニバナの種から採取したサフラワー油が主なものです。したがって、亜麻仁油やえごま油といったものは、植物性オイルではあるものの、専門店から取り寄せたり、成分として含まれるサプリメントなどとして購入しなければ、あまり日常の食生活のなかで摂取できる機会もない可能性があるということになります。
このような亜麻仁油やえごま油の注目される理由としては、両者ともにオメガ3脂肪酸とよばれる物質を多く含んでいるということがまず挙げられるでしょう。この物質には、体内で善玉コレステロールを増やし、生活習慣病を予防するといったはたらきが期待されています。肉類などの動物性油脂を摂り過ぎてしまうと、体内に悪玉コレステロールが貯まり、これが血管の壁に吸収されて血管の幅を縮めてしまい、血流が悪化したりすることが知られています。善玉コレステロールというのは、増えすぎた悪玉コレステロールを回収するというはたらきがあるため、同じコレステロールであっても人体に対する影響はまったく違った方向性になっています。
それでは亜麻仁油とえごま油のどちらを選択すればよいのかですが、実は成分的な違いはそれほどないため、ことに健康への影響という面に関していえば、どちらも違いはないということがいえます。えごま油はえごまというシソ科の植物の抽出油、亜麻仁油は亜麻の種からの抽出油という、原料の違いによって、わずかに味わいや見た目に違いがあるとだけ考えればよいでしょう。