えごま油情報記事一覧

えごま油にはαリノレン酸が多く含まれており、全体の脂質の約60%に含まれています。αリノレン酸はオメガ3の一種で人間の体内では生成することができない必須脂肪酸の一つです。うつ病改善、認知症予防、拮抗作用により炎症を抑える作用、生活習慣病の予防、悪玉コレステロールの低下などの効能が期待できます。またαリノレン酸は体内で青魚に含まれているDHAやEPAに変わります。DHAやEPAなどを魚で摂取しようと...

えごま油は、旬を迎える魚介類や野菜と一緒にする食べ方がおすすめで、簡単な方法としても優れています。普段から使っている油から切り替えるだけで、栄養成分のバランスが良くなり、食味も同様に素晴らしくなります。好きな食材と組み合わせるようにすれば、使い方が分からなくて余らせる心配がなくなります。カツオやマグロの刺身を用意して、かいわれ大根やタマネギなどの香味野菜を添えてからは、えごま油のドレッシングをかけ...

えごま油には様々な効能があります。中でも有名なのは認知症の予防に有効ということです。認知症は年寄りだけの問題ではありません。最近は若年性認知症の患者も増えています。認知症の原因として考えられているのは、脳神経細胞の死滅です。脳神経細胞とは記憶や学習能力などにかかわる細胞なのですが、老化やストレスによって脳細胞はどんどん死滅していってしまいます。脳神経細胞が減少すると認知症が発症する原因になるのです...

健康に良いとされるα-リノレン酸やビタミンB1、B2、カルシウムなどを豊富にバランス良く含むのがえごま油です。通常のサラダ油やオリーブ油などと同じ様に上手に調理して日々の食事に取り入れたい食品です。そこでおすすめの調理法をいくつかご紹介したいと思いますが、その前にお手持ちのえごま油を必ずそのままで味見してみて下さい。と言いますのも、えごま油は産地や製法などの違いで随分味が変わってくるからです。お隣...

えごま油とは「えごま」というシソ科の植物の種を絞って作られた油で、ごま油とは違うものです。えごま油で注目されている栄養成分は、αリノレン酸という成分です。αリノレン酸はn?3系脂肪酸に分類される多価不飽和脂肪酸ですが、αリノレン酸を摂取することによって、体内でEPAを合成することができます。EPAは青魚などに多く含まれていますが、魚をあまり食べない人には不足しています。EPAは健康の維持・増進に寄...

最近テレビや雑誌などのメディアに登場する機会が増えているえごま油ですが、どのような効果を持つ油かを知って日頃の健康管理に役立てましょう。そもそもえごまとは植物の一種であり、日本の食卓で良く見られるシソの葉と似た形をしています。そのえごまから抽出した油をえごま油と言いますが、αリノレン酸が多く含まれていることから体に良いとされています。αリノレン酸と言えばサプリメントにも使われている成分ですから、一...

えごま油しそ科の植物から採れる油となっており、そのままだと少し生臭いと感じるかもしれません。αリノレン酸が多く含まれているため、健康や美容にさまざまな良い効果が期待できると言われています。αリノレン酸を摂取することでこれらが体内でDHAやEPAに変化するため、血液を綺麗にしたり、アンチエイジングにも良い効果があるということです。しかし、酸化しやすい油なので保存には注意が必要であり、解放したら冷蔵庫...

えごま油は最近、女性を中心にかなり人気が高まっており、店舗で売り切れているケースも珍しくありません。そしてその理由は、摂取する事により、身体にとって嬉しい様々な効果をもたらしてくれるからです。そもそもえごま油とは、えごまというシソ科の植物の種子から採取可能な油となっています。しかもその油には、体内では生成出来ない上に、身体に非常に良い効果をもたらす成分が豊富に含まれているのです。そしてこの油を摂取...

えごま油には美容や健康にさまざまな効果があると言われており、毎日摂取している人もいるかもしれません。しかし、なかなか効果が実感できないと悩んでいる人も多いでしょう。そこでえごま油の効果が出るまでの期間について知っておくと良いのですが、なかなか効果が出ない場合は方法が間違っているか、飲んでいる期間が短いかどうかのどちらかであることがほとんどです。もちろん体質的に効果が出ないということもあります。しか...

えごま油は、えごまの葉を昔ながらの圧搾法で作られた商品で、人体に必要なαリノレン酸が豊富に含まれています。えごま油は酸化しにくい油で、脳の神経細胞を活性化させるEPAやDHAを豊富に含んでおり、記憶力や集中力を高めたり、認知症を予防したり、肌荒れを防ぐ働きがあります。えごま油のおすすめの商品は、国産のえごまの葉を使用しており、国内工場で製造している商品を選ぶと、安全性が高く、高品質なので安心して購...

最近、店舗で売り切れが続出する事も珍しくない程に人気のえごま油ですが、一体何の油であるかピンと来ていない人も少なくありません。しかも中には名前からの連想で、ごま油の一種だと思い込んでいる人もいますが、実の所、えごまというシソ科の植物の、種子から採取される油の一種だったりします。そんなえごま油が人気の理由は、何と言っても摂取する事で様々な効果が得られる点です。高血圧や動脈硬化、脳卒中の予防等の健康効...

夏に薄着のシーズンになる前にはダイエットに毎年挑戦してますが、一番ダイエットが出来たのが断食ですが、断食後に食べてしまいリバウンドで逆に体重がダイエット前に増えてしまう苦い経験してました。どんなダイエットをしても、上手く行かないと思ってましたが、TV番組で話題のえごま油を飲むだけのダイエットに挑戦しました。えごま油はごま油と違いサラサラしていて、独特のごまの風味がないので、例えば冷ややっこや、生卵...

テレビで特集されたことで脚光を浴びた油が、えごま油です。えごま油には、体に良いアルファリノレン酸が豊富に含まれています。アルファリノレン酸は、必須脂肪酸のひとつです。必須脂肪酸は、人間にとって大切な栄養素で、外から摂取する必要があります。アルファリノレン酸は、不足すると神経や脳に影響が出ることもあるので、不足しないように食事などで補うことが大事です。また、アルファリノレン酸は、熱を加えると壊れやす...

やずやのえごま油サプリメントは、アマニとえごまセサミンプラスです。えごまは、シソ科の植物で今話題のオメガ3脂肪酸の一種のα-リノレン酸が豊富に含まれています。α-リノレン酸は、必須脂肪酸の一つで体の中では作り出すことのできない栄養素です。血液をサラサラにして流れを良くし、細胞を錆びさせない働きがあります。さらに、脳の健康維持に役立ち、動脈硬化や心臓病予防、悪玉コレステロールを低下させるなど、生活習...

今、注目されている食材のひとつの『えごま油』。油は美容や健康の天敵と思われがちですが、このえごま油はちょっと違います。えごま油が注目されている要因として、α-リノレン酸という成分が含まれているからです。このα-リノレン酸という成分は摂るだけでオメガ3脂肪酸と呼ばれるDHAやEPAに変換されます。オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸で人間の体内で作り出すことができないことから食事などを通じて摂取しないといけ...

えごま油の脂質中約60%がαリノレン酸です。αリノレン酸には美肌効果、血管を強くしなやかにする、うつ病改善、歯の健康、また、ハーバード大学の研究により脳細胞や神経細胞が活性化し認知症の予防やうつ病の改善も期待できます。またαリノレン酸は脳に必要なEPAやDHAといった脳に必要な栄養に変化します。鯖などの青魚で摂取しようとするとかなりの量を食べないといけませんが、えごま油の場合は大さじ一杯で補えます...

えごま油は、原料の品質や製造過程によって価格が変わる性質があるため、消費者を悩ませる原因になっています。原料はシソ科に分類される植物で、実際に利用するのは種子の部分です。葉の部分に比べて、抽出できる量が限られているため、製造のためには大きなコストがかかります。高いものであれば、150グラムほどの量で1000円を軽く超えてしまいますが、製造コストが安い輸入品の場合には、1000円を大きく下回る価格で...

えごま油は通販で購入することができます。購入方法は、各社えごま油を発売しているメーカーをランキングにしているサイト、えごま油を製造している会社のサイトなどから購入することが可能です。えごま油はえごまの種子から絞った油で、えごまはシソ科の植物でしそ油とも言います。えごまは日本最古の油脂植物で、えごま油の特徴はαリノレン酸が豊富ということです。αリノレン酸は、オメガ3脂肪酸のひとつで、サンマやイワシな...

認知症予防や肌荒れ・便秘の改善に良いとされるえごま油ですが、近年急速に日本でも知られるようになりました。そのためえごま油の需要が一気に高まり、色々なお店でも取り扱うようになっています。しかし取扱店が増えれば入手は簡単になりいいですが、実際にどこのメーカーの製品がいいのかは分かりづらくなります。そこで今回は、メーカーから見るおすすめのえごま油についてお話します。まず1つめにおすすめなのは、オーサワジ...

えごま油は、原料となる種子から油分を抽出した食品で、主成分としてαリノレン酸を含んでいることが知られています。αリノレン酸は必須脂肪酸の一つとして重要で、人間の血液をサラサラに保ち、体全体の活力を養うために欠かせない成分です。カロリーが高い食品ではありますが、動物性の油を使うよりも健康的ですから、適度な量を利用する分には健康を害する心配もありません。他の植物油と同様に、えごま油には抗酸化成分のビタ...

えごま油は便秘の解消に効果があるとされています。油は小腸で吸収されてしまうため、あまり便秘解消には効果がないと考えられていたこともあるのですが、実は小腸に吸収されるよりも多い量を摂取することで効果があることが分かったのです。油を多く摂取すると体に悪いのではないかと考えている人もいるでしょう。しかし、えごま油は腸に留まっている便を排出する効果があるため、便秘の解消効果が期待できるということです。えご...

えごまは、東北地方を中心として、日本各地で栽培されていたシソ科の植物です。えごま油は、炒め物や揚げ物に使われ、質の良い脂肪の供給源として昔から日本人に愛されてきました。また、ビタミンEやミネラルも豊富で、体を活性酸素から守ってくれます。血液の流れをスムーズにするので、栄養が届きやすくなり、体や肌を健康に保ちます。また、えごま油を摂取すると、体内でDHAとEPAに変化します。そのため、認知症の予防効...

えごま油は、認知症の予防や便秘の改善などにとても良いオイルです。えごま油はいろいろなメーカーが商品の開発を行っており、ネット通販や店頭などで販売されています。大手のインターネットショッピングモールでは、えごま油の人気商品のランキングを公表しており、人気商品や売れ筋商品がどれなのかがわかります。えごま油は、中国産のものと国産のものがありますが、大手のインターネットショッピングモールのランキングでは、...

健康に良いとされているえごま油ですが、妊娠期は健康にいいものでさえ摂取を控えた方かいい食材があるのも事実です。さて、このえごま油はどうかというと結論からいうと摂取して問題はありません。しかし、いくつかの注意点があるということです。たとえば、油なので摂取しすぎると太ってしまい難産になる可能性を高くしてしまいます。また、腸の働きをよくする効果がるので妊娠初期なら早産の可能性を高めてしまうことがあるので...

えごま油 人気の商品は、いくつかの特徴を兼ね備えているものです。たとえば、生産や製造が安心の国産でえごま油の純度が高く、αリノレン酸の含有量も高いものが人気です。この成分が、神経細胞を活性化することが出来るので認知症の予防に役立つと言われています。しかも、製法では昔ながらの圧縮法を用いている商品が好評になっています。それだけ、ゆっくりと圧力をかけて時間をかけて製造されているからです。また、農薬や化...

えごま油を飲むだけで劇的に体重が落ちることはありませんが、お腹の調子を整えることで痩せやすい体質に変えることは可能です。カロリーは1gあたり9kcalと高く、1日の目安量2gで18kcalがカロリー加算されますが、その分だけ食事やお菓子のカロリーを減らせば太ることはありません。それよりも、えごま油を摂取することで得られる整腸、美肌、デトックスなどのメリットのほうが大きいと言えます。カロリーの摂り過...

えごま油は食品なので摂取する時間に特に決まりはありません。サプリメントと同様にお好きな時間に摂取できますが、空腹時のほうが吸収されやすいのは確かです。健康や美容のために飲むならば、少しでも多く吸収させたほうがいいはずです。1日に摂取する適量は2g程度なので、一度に摂取して問題ありませんので、空腹時にスプーンでそのまま飲むといいでしょう。就寝前に飲まれる方もいますが、口の中が油でギトギトになってしま...

健康に良いと話題のえごま油。シソ科の植物の種から作りますが、シソの風味はせず、無味無臭なので、クセがありません。えごま油には「α-リノレン酸」という成分が多量に含まれていることで注目を浴びています。α-リノレン酸は、血流を良くし、脳に多くの血液を送ることによって脳の神経細胞を活性化させる働きがあります。そのため、認知症予防に効果があることが分かっています。また、うつ病の改善や視力回復、飲酒しないの...

いま、テレビ番組などでも大変多く取り上げられている「えごま油」ですが、認知症予防や美肌効果、がん予防、肥満予防、アンチエイジングなど、さまざまな効果が期待されている成分です。えごま油といっても「胡麻」とは無関係で、しそ科の1年草となります。えごまの種子から採れるえごま油は、シソ油とも呼ばれており、必須脂肪酸であるα-リノレン酸を全体の約60%以上も含んでいる優秀な油なのです。この「α-リノレン酸」...

えごま油とは、シソ科の植物である「えごま」の種子から作られており、全体の約60%がオメガ3脂肪酸である「αリノレン酸」でできています。ほかにも、「リノール酸」、「オレイン酸」などを成分としていますので、弱った脳細胞に刺激を与えたり活性化させるため、認知症予防のほかにも、アレルギーの改善やアンチエイジング効果、肥満予防や、がん予防など、さまざまな健康への効果があると言われています。最近では、多くのテ...

健康に良いと評判のえごま油は他の食用油と比べて特に酸化しやすいという特徴があります。せっかく健康に良いとされる油を摂取するのに酸化していては逆効果になりかねません。えごま油の酸化を防ぐためにはどのような対策をしたらよいのでしょうか。大切なのは保存方法です。えごま油は光や空気、熱に触れると酸化が進みます。そのため、開封後は容器のふたをしっかり閉めて、必ず冷蔵庫に保存するようにしましょう。そして、でき...

えごま油は健康を促すために必要なものだと注目を浴びていますが、具体的にはダイエットや便秘解消、肌荒れ改善などの美容効果はもちろんのこと脳梗塞の予防といったものにまで効果が期待されています。基本的にはただ、油を飲まばいいのですが、実はこのえごま油には得たい効果に適した飲む時間というものがあるのです。つまり、たくさん飲めば効果が高くなるのではなく、適した時間に適量を摂取することによって得られる効果が高...

えごま油の摂取量は1日2g程度が好ましいと言われており、カロリー換算すると18kcal程度となります。1日の摂取カロリーの100分の1未満なので、これが原因で太ることはありません。ただ、すでにカロリーオーバーの方はえごま油の分だけカロリー加算されるので注意しましょう。三大カロリーである脂肪、タンパク質、糖質の中で圧倒的に高カロリーなのは脂肪です。他のカロリーが1gあたり4kcalなのに対して、脂肪...

えごま油は肌によい油として知られており、便秘に悩んでいる方に特におすすめの油とされます。油は人間にとって必須な栄養素ですが、食の欧米化に伴って日本人は摂り過ぎている傾向があります。脂肪の分解能力が弱い日本人が大量摂取すると、肥満や脂質異常症、動脈硬化などを招きやすいのです。日本人の食生活といえば本来は日本食であり、これは日本人の体質にマッチしているからです。植物性油脂の中でもえごま油は体によく、魚...

健康や美容に関心がある人が増え、体に良いとテレビなどで取り上げられると、たちまちその食材が注目されるという時代です。最近注目されているもののひとつが、えごま油です。荏胡麻というシソ科の植物の葉から抽出された油のことです。注目され始めたのは、現代病といわれる生活習慣病の予防効果が高いことです。その他、ダイエット効果やアレルギー体質の改善など、さまざまな効果が期待できることで人気となっています。さまざ...

えごま油は様々な健康効果が期待されている食品です。特に、認知症や脳こうそくなど、脳の病気の予防に効果があることはよく知られています。そんなえごま油ですが、最近では脳の病気の予防以外にも効果があると言われています。それは美肌効果です。美肌効果ならば、肌に直接塗るのかと思うかもしれませんが、そうではありません。最近ドイツで行われた研究結果から、このようなことが分かりました。オメガ3系の油を3か月摂取し...

脂肪には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、飽和脂肪酸は肉類や乳製品などの動物性の脂肪です。それに対して不飽和脂肪酸とは、オリーブ、べにばな、亜麻仁などの植物性の脂肪です。不飽和脂肪酸は構造の違いによって「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」と分類されます。えごま油は不飽和脂肪酸のオメガ3に分類されます。不飽和脂肪酸のうち「オメガ3」、「オメガ6」は私たちの体内では作ることができないので、食事で補う必要...

えごま油とは、別名では「ジュウネン」といい、東南アジア原産のシソ科の一年草です。えごま油は、約60%が「αリノレン酸」のオメガ3系脂肪酸で、残りも「オレイン酸」、「リノール酸」などの必須脂肪酸で出来ています。「αリノレン酸」は、体内で生成することができないため、何らから摂取するほかに方法がありません。体内に取り込むことによって、青魚の主成分である「EPA」や「DHA」などの栄養素に変化するため、脳...