MENU

摂取でコレステロールは上がる?

油を多く摂るとコレステロールが上がるため、亜麻仁油を摂取してもコレステロール値が上がったり太ったりするのではないかと心配する人もいますが、そういった心配はありません。むしろ亜麻仁油にはコレステロールを下げる働きがあるのです。
コレステロールは血中に含まれている脂質のことで、食べ過ぎたり脂質が多く含まれている食べ物を食べていると増えていきます。コレステロールには善玉と悪玉コレステロールがあり、悪玉コレステロールが増えると血液が流れにくくなったり動脈硬化を引き起こし、高血圧症や脳梗塞、心筋梗塞を起こすリスクが高くなります。
しかし亜麻仁油に含まれているαリノレン酸は善玉コレステロールを減らす働きがある上、血流を改善したり血栓ができるのを防ぐ働きをします。その為生活習慣病になるのを防いだり、内臓脂肪を減らす効果もあります。
さらにαリノレン酸が注目されているのは脳機能を改善する効果があることです。αリノレン酸を定期的に摂ることで記憶力が学習能力が高まるため、認知症を予防する効果があると考えられています。
また免疫力を高めて花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を改善するほか、ダイエットや美肌にも効果があります。
様々な効果のあるαリノレン酸ですが、体の中では作ることができないため食事などで摂る必要があります。
亜麻仁油で摂る場合には1日大匙1杯程度が適当で、加熱すると必要な栄養素が失われてしまうため、そのまま飲むかサラダドレッシングとして利用したり、食事にかけて食べると良いでしょう。酸化しやすいので開封したら冷暗所に保存し、なるべく早く使い切ります。手軽に毎日亜麻仁油を摂りたいのなら、サプリメントを利用する方法もあります。