MENU

を摂取して下痢になるって本当?

亜麻仁油はαリノレン酸を含むため、アレルギー症状を緩和してくれたり生活習慣病の予防や改善が期待できます。しかし摂りかたを間違えてしまうと、下痢などの副作用が現われます。これは量が多すぎたために腸で油を分解するため腸液が過剰に分泌され、その結果水分(腸液)がたくさん便と混ざり合い、下痢状となってしまうのです。亜麻仁油の摂取量に決まった量というものはありません。食事と一緒に適量を摂る様にすることが良いとされます。では適量とはどのくらいでしょうか。成人の方であればティースプーン1から2杯ほど、子供ならば小さじで1から2杯、1歳未満の子供なら小さじ2分の1を目安とします。それでも個人差はありますし、亜麻仁油が身体に合う合わないもあるでしょう。ですから初めて亜麻仁油を摂る場合、ティースプーン2分の1くらいから様子を見て行きましょう。効果を得るには大量に摂取するのでなく、半年から1年と継続していくことが大切です。日々続けていくなかで身体が慣れて行き、量を増やすことも可能となるはずです。そして摂り方ですが、αリノレン酸はオメガ3系の不飽和脂肪酸に分解されてEPAやDHAなどの成分となり体内に吸収されます。この効果を最大限に得るためにはジュースやドレッシングとして、熱を加えることなく食べることが必要です。亜麻仁油はとても酸化しやすい油なので、ドレッシングも作り置きはせずに食べる都度つくるようにしましょう。亜麻仁油を保存する場所も、光による劣化を防ぐために、冷蔵庫で保管し3週間ほどで使い切るようにしてください。腸の弱い方や高齢者の方で油の酸化による下痢も心配ですので、保管や消費する期間を気をつけましょう。