MENU

加熱しても効果あり?

健康志向の高まりから、さまざまな食材が注目される時代です。最近は食用油の種類も豊富で、中でも亜麻仁油は体にさまざまな効果が得られると評判の油です。亜麻仁油は、亜麻と呼ばれている植物の種から抽出した油です。昔から存在する食品でしたが、注目されるようになった理由は、この油に含まれるオメガ3という成分にあります。オメガ3は、体内で代謝されるとDHAに変化しますが、DHAは脳に蓄積されることで脳をスムーズに働かせるという作用をします。ですから、オメガ3を多く含む亜麻仁油が脳の機能に良いと注目されているのです。その他、他の油よりもけた違いで豊富に含まれているαリノレン酸も、脳の神経細胞の死滅を防ぐといわれています。それらの成分により、具体的には、認知症や更年期障害の改善が得られるといわれています。また、亜麻仁油に含まれる成分により、更年期障害の改善や美肌効果も期待できるとされています。

 

毎日摂取する量は、1日あたりスプーン大さじ1杯程度で十分です。カロリーが高いので、摂りすぎないように注意します。また、油というと炒め物や揚げ物に使用することが多いのですが、亜麻仁油の場合は加熱すると酸化して変質してしまい、本来得られる効果が失われます。亜麻仁油はそのまま生で摂取する方法がおすすめですが、そのままの味に抵抗がある人は、ドレッシングの油分として利用するとよいです。また、炒め物が完成してから最後に上から亜麻仁油をかける、という方法もおすすめです。また、油が酸化してしまわないように、開封したら常温ではなく、冷蔵庫で保存します。できるだけ早めに使い切ることを心掛けます。初心者の人は小さめの容器の商品から試してみるとよいです。