MENU

子供が摂取しても大丈夫?

亜麻仁油がテレビや雑誌で紹介されたことから特別な食材として位置づけられていますが、元々は植物から抽出された普通の油です。子どもに与えると危険なのではないかと危惧する人も多いようですが、亜麻の種子から抽出されたもので、サラダ油やごま油となんら変わりのないもので、特殊なのはオメガ3が豊富に含まれているという点だけでしょう。オメガ3は体内で決して合成することのできない必須脂肪酸で、健康に役立つ栄養素としてとても重宝されています。血液の流れを良くしたり、新陳代謝を向上させる働きがあることから成人にとっては生活習慣病の予防であったり、ダイエット効果が期待出来ることから人気があります。しかし、DHAやEPAを摂取できることから認知機能を正常に保ったり、記憶力を向上させる働きがあるため、子どもにとっても良い結果となるのがオメガ3です。また、αリノレン酸はアレルギー症状を緩和させる働きがあるため、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎の子どもにとっても改善できる可能性があるので積極的に摂取すると良いと言われています。ただし、亜麻仁油がいくら健康に良いと言っても油である以上はある程度の年齢からでないと摂取することも難しいので、乳幼児などには与えないようにしましょう。また、亜麻仁油のサプリメントが販売されていて、摂取するのも手軽なため利用しやすいのですが、こうした商品は無用な添加物が含まれている可能性があるので、子どもには与えない方が良いです。もしも、子どもに摂取させるのであれば、剤形にしたものではなく油のままで、直接舐めるという方法もありますが、サラダのドレッシングなどで利用したり、調理に使うことで少量ずつ摂取したほうが良いでしょう。