MENU

使い方

近年、ひそかに注目されている健康食品の油の一つに亜麻仁油があります。なぜ近年注目されているのでしょうか。実は日本でとれる植物や動物の健康食品やその成分は平安時代や戦国時代・江戸時代などからその効果が立証されていて、それがリバイバルというカタチで現代になり効果が見直されてきたということが多いのです。ですが、亜麻仁油は少し事情が異なります。亜麻仁油の元になっている亜麻自体が、元々中央アジア、特にアラビアなどで栽培されているため、日本にはなかった植物なのです。現在の産地を見てもわかりますが、国内では多くは北海道です。北海道が開拓されたのが明治時代ですので、それ以降に時間をかけて広まって来たという物になります。それ故亜麻仁油の歴史は浅いのです。
亜麻人油が健康食品として注目されていますが、その成分を見てみると油の中にオメガ3が入っていることがわかります。さらにオメガ3をみると、この中にα-リノレン酸が入っており、人間の体内でよい効果を発揮することで注目を浴びています。効果の一つは一つがアトピーや花粉症などのアレルギー体質を改善する働きがあります。アレルギーの原因であるリノール酸を相殺する役割がα-リノレン酸というわけです
最近のダイエットブームでも注目されているのが亜麻仁油です。これはα-リノレン酸が脂肪になりにく中性脂肪やコレステロール量の調節を助ける働きをするだけでなく、新陳代謝を大幅に助けることでダイエットに効果があるわけです。
亜麻仁油の使い方は、低温で処理をすることが大事になります。高温になると体に良いと言われている成分が死んでしまうためです。サラダなどにドレッシングと一緒にかけるのがいいでしょう。